校章・校歌

 校章・校歌 

 

----------------- 校章 -----------------

  

校章                 オオムラサキ

 

     校章                                                        オオムラサキ
                                                                             (photo : インターネット昆虫図鑑より)

 

我が校の校章(写真左)にもなっているオオムラサキ(写真右)は、日本を代表する蝶として、日本昆虫協会が1957年(昭和32年)総会にて国蝶に指定しました。前翅長が45~70ミリメートルと、日本に棲息するタテハチョウの中で最大で、オスの翅長は青紫色に輝き大変美しく、メスは青紫色には輝きませんが、一般にオスよりも一回り大きく雄大な感じがします。裏面の地色は白色と黄色のものがあって、西に行くほど銀白色のものが多くなる傾向にあります。夏の雑木林でカブトムシやクワガタに混じって樹液に来ています。近年、里山の雑木林が開発により減少し、年々棲息地が減り、なかなかその姿を見ることができなくなってきました。環境庁(現・環境省)発行の「日本の絶滅のおそれのある野生動物」(レッドデータブック・1991年)のなかにも稀少種として扱われています。
 
かつては調布北高校のある調布・武蔵野周辺にもオオムラサキが棲息していました。強靭さとしなやかさ、さらには品格を備えた人間に育ってほしいという願いが、校章にはこめられています。

 

 

 

 

 ----------------- 校歌 -----------------

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〒182-0011 東京都調布市深大寺北町5丁目39番地の1
電話 : 042-487-1860 ファクシミリ : 042-483-7081